とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 ブログの更新はひさしぶりになってしまいました。
 皆様の中には、「やはりシステムマンも相場から退場したか・・・」などと思っている方もいるかもしれませんが、、まだまだ生き残っています。

 最近は、SNSコミュの方が中心となっていて、このコミュのおかげで確実に私の実力が向上していると思っています。
 ・・・しかし実力の向上と利益は必ずしも比例しないようですが、コミュを始めてからは約10%ほど資産が増えたのは事実です。(自分としては、もっと増えるはずと思っているで実は不満なのです。。。)

 しかしまだまだマネーマネジメント面で問題があるトレードをやっています。
 ある日は大もうけして、ある日は大損・・・こんなことを繰り返してしまっていますので、本当に「勝てる手法」を身につけたのか?・・・といった感があります。。。

 「利益を伸ばして損失を限定する」・・・こういったことをいつも実現しようとしています。
 ここのところ小レバで50pips程度のロスカット基準を厳守して、チャンスがあれば100~500pipsといった利益を狙っていっています。
 しかし、50のロスカットが2~3回続くことも当然あります・・・そうすると私の心の中に「ギャンブラー氏」が訪れてきます。
 まるで多重人格者ですね!
 こういった時に無理をしてしまいます。
 その危険性を充分に承知しているのですが、なかなか改善できないとことは「確信犯」と言えるかもしれませんね。。。(一応今週からはその悪癖も克服できたと思っているのですが、またいつギャンブラー氏が。。。)

 よく考えれば、ある1日で3連敗しても週のトータルでは4勝3敗、そして月のトータルでは40勝30敗、そしてトレードをやめる時には4000勝3000敗でいいんですよね!
 私の場合、あまりにも目先のことに囚われすぎです;;(ちなみに4勝3敗とかという数字はあくまでも一例です。また勝率自体もそれほど重要なことではないことも分かっていますので、、、念のため)

 さて、ここのところの相場は、たった1日で1000pips幅近くを上がったり下がったりで、大もうけした人、そして大損失となった人、まさしく悲喜こもごもといった状態ではないでしょうか?
 ちなみに私はその両方を経験していますが。。。

 さて、記事タイトルの、「オカルトとテクニカル」ですが、結論としてたいした内容のことは書けません。
 単に私が感じたことなので、統計的データーもないし検証もしていません。。。(当然上級者の方であれば反論があるでしょうが、今回は勝手なことを書かせて頂きますので、できれば鼻で笑ってスルーしてくださいね^^)

 私が、「オカルト」と感じるのは、たとえばフィボナッチ、日柄分析、波動論そしてピボット・・・などなどです。
 ただし、私は、これらをオカルトと感じていても、現実には、特にフィボナッチ、ピボットなどは日々のトレードで使用しているツールなのですが。。。だから日柄分析や波動論だってオカルトだと感じたとしても現実に利益に結びつくようでしたら使ってみようと思っています。。。私にとってはその程度のことでしかありませんので、この後に続く記事内容も説得力がないものです。。。

 例示した分析の中でもサイクル理論に関するものについては、その時その時、あるいはその時代の経済状況、政治状況、あるいは自然状況(天候や自然災害など)によって変化するものであるので私個人としてはあまり信頼できないと思っています。
 そういえば政治経済という教科でしたでしょうか、「コンドラチェフの波」というものを習ったことがあります。
 これは景気循環のことで、Wikipediaでは、
「景気循環(けいきじゅんかん)とは、経済全体の活動水準である景気において、循環的に見られる変動のことである。」とされ、さらに次のように説明されています。

景気循環論は、内生的景気循環論と外生的景気循環論とに区別することができる。
前者は、市場経済は均衡状態から乖離する傾向をもつとし、景気の循環を説明する際、労働や設備の不足、景気の過熱を懸念した投資意欲の減退などの景気を反転させる要因を仮定する。
後者は、定常的であるはずの市場経済に景気循環が生じるのは、予想外の技術革新、天候の変化、石油危機などの外性的な要因に基づくとする


 うーん、無知の私には難しい文章です。
 ただ、上記引用で、前者の「市場経済は均衡状態から乖離する傾向をもつ・・・」といった部分は相場分析において有効なのかなと思えます。
 一方後者の、「予想外の技術革新、天候の変化、石油危機などの外性的な要因」となると、これはほぼ予想不可能な分野でしょう。

 ただこの前者であっても、そもそも「労働や設備の不足、景気の過熱を懸念した投資意欲の減退」といったいわゆるファンダメンタルズ的要因が、まずは最初にあるべきであって、その結果として相場循環が形成されていくのだと思います。
 自分でも何を書いているのか分からなくなってきましたが、身近な例で言えば、米国のサブプライムローン問題の結果として、相場は長期下落を示し始める・・・つまり当然のことですが原因があって、それがチャート上に「サイクル」として現れていく・・・と考えています。
 何が言いたいのかというと、まずは、「チャートありき」で、チャートだけの波動分析・サイクル分析をしても意味がないのではないかということです。

※ 追記:それともこういったファンダメンタルズ的要因そのものも、サイクル循環的にやってくるということが「サイクル理論」なのでしょうか?
 そうするとこの記事は、そもそも論点というか前提が間違っています。。。

 先物市場のテクニカル分析 のマーフィー先生によれば、テクニカル分析の前提として
A 市場の動きは全てを織り込む
B 価格の動きはトレンドを形成する
C 歴史は繰り返す

としています。

 Aの市場の動きは全てを織り込むについては、「チャートはそれだけで相場を上げ下げするものではなく市場の強気または弱気の心理を反映しているだけにすぎない」と述べています。
 このことは、たとえチャートだけの分析をしたとしても、そのトレーダーは当然需要供給の関係で相場が上下することを知っているが、そういったことはチャートに現れるので、特にその理由を知る必要性はないといったことです。
Cの歴史は繰り返すについては、景気循環に関することかと思いましたが、本書の説明では、「過去のチャートパターンは人間心理を反映して有効とされてきたものであるから今後も機能する」といったことでした。

 Aの場合のように、チャートに全てのファンダメンタルズ的要因(経済状況・地政学的なもの・技術革新)などが織り込まれる・・・ということは納得ができます。
 ただ、これは当然のこととして前提としてのファンダメンタルズ的要因がなければチャートはビクとも動かないでしょう。
 そういったことを考えると、たとえば「現在は○○年の高値から32週を経過しているから相場転換期となる。そして32という数字は一目均衡表でも重視されており、しかもフィボナッチ級数である」・・・といったサイクル分析がなされたとしても私にはやはり「オカルト」と感じてしまうのです。。。(32という数字には何の根拠もなく単なる一例です^^)

 確かに長期チャートを見ていると、ある一定の大きな波、そして小さな波を見いだすことができます。
 ただこれをどうやってトレードに生かすのか?・・・といったことには疑問があるところです。

 ですから現状は、現実の値動きをトレンドライン、チャートパターンなどで分析した手法、あるいは現実の値動きを割ったり、掛けたり、引いたり、足したりしたテクニカル指標でトレードをしていこうと思っています。
 ですが、数年続いているトレンドラインがあったとしても、たとえばの話、戦争やテロなどが起こってしまえば・・・それほどのことではなくてもたとえば大企業の倒産などでも、あっという間にそのトレンドラインはブレイクしてしまうでしょう。
 現状は、そういった危機感を持った相場だと思います。。。
 
 長々と書いてきましたが、正直私はサイクル理論をとことん研究してきたわけではありませんし、経済循環についても本格的に学んだわけではなく、先ほどWikipediaを読んだ程度です;;
 なので、最初にも書きましたとおり、あくまでも個人的考えですので、その点を考慮して頂ければ幸いです。。。

 最後にドル円の長期分析画像をアップしておきます。
 月足です。



 注目したのは、3本の赤色トレンドラインです。
 この3本のラインが交差する頂点付近にプライスが到達しました。。。
 現状は、その頂点の直下での値動きです。
 だからどうした?そんな分析こそオカルトじゃないの?だっておまえは実態経済が云々って言ったじゃないの?
 ・・・まさしくそのとおりです!今後どうなるのかといったことを予測することはありますが、変な予断を持つことはできないということを言えるだけなのです。

※ 全然関係ありませんが、FFでとても面白いシステムトレードを見つけましたので近いうちに紹介記事をアップします!!

「結局なにを言いたいのか分からんし矛盾だらけだけど、ひさしぶりだから応援してやろうか!と思ってくれた方?は、ぜひこちらをクリックをしてください!?
 ↓   ↓   ↓
・・・ランキングは・・チャネルからブレイクできません;;?・・・応援お願いします!
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ・スイング派へ
(別窓で開きますのでよろしければクリックお願いします!)

★トレンドライン、チャートパターン、ロウソク足形状などで参考となるサイトをまとめてみました。
No Brainer Trades  (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
Drawing correct resistance and support-lines (主にサポート&レジスタンスに関して FFスレッド)
daily candle chart (主にロウソク足型分析について FFスレッド)
ActionForex(Action insight)(総合的チャート分析)
これらは時々チェックすると思わぬ宝物がみつけられますよ!?

★★★書籍紹介です★★★  

先物市場のテクニカル分析(ニューファイナンシャルシリーズ) 先物市場のテクニカル分析
この書籍は、投資家必修の本当の意味での「FXの教科書」と言えます。(同名の日本の本とはレベルが違いすぎます)
特に第1章から第8章までは、スキャル派・デイトレ派・スワップ派・長期投資派・・・全てのトレーダーが最低限マスターしておくべき内容です。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

世界一わかりやすい!株価チャート実践帳世界一わかりやすい!株価チャート実践帳
トレンドラインブレイクアウトの威力がよくわかります。
通読すると自然にチャートを読む力が向上します。 
また平易な文章ですので頑張れば2日程度で読了できます。
その後に↓の本を読むのがとても効果的です^^
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)高勝率トレード学のススメ
商材アフィリエイターの私がズバリ書いてしまいますけど、商材を買う前に迷わず6,090円でこの本を買って熟読してください。私個人の「レベル」にマッチしたという部分もあるのでしょうが、トレードスタイルやトレードに対する考え方を良い方向へ変えてくれた書籍です。ただ書店に常に置いている本ではないので、「どういったレベルなの?」と疑問を持たれるかもしれません。一応、私がここ最近「トレンドラインがどうした、こうした。。。」などと書いている記事内容を読まれてピンと来るような方ですと大丈夫ですし、また有益な内容だと思います!
商材のように「絶対儲けることができる秘策・・・」などは書かれていませんが、裁量トレードに必要なこと、なるべく勝率を高くする王道手法については全てのことが書かれています。
Amazonで詳しく見る
by G-Tools
 
  それでは、またっ!

   Happy Community trading : - )

・・・・PR・・・・ 
ところで私が3年以上もメイン口座として愛用していますサザインベストメントですがAIシステム、相関ツールなどいろいろな付加価値がありますけど、私が一番信頼しているのはシステムの安定性です。
それと特筆できるのは、つい最近ですがウエッブ上でトレードできるようになったことです。
これはチャートソフトがなくてもインターネット環境があればどこでも気軽にトレードでき、動作も非常に軽くて快適です!
また、サザではスプレッドがかなり縮小されまして、また逆にスプレッドが大きく広がらず上限が決められていますのでとても重宝しています。実体験では、かなりボラがある時でもポン円ですと6pipsの状態です。ドル円だとずっと2pipsという感じですね(最大でも3pipsが上限です)
私はFX口座を5つくらい開設していますけどサザがあらゆる面で最強ですね。
もしよろしければご検討をお願いします。



私のバイブルとしているマニュアルです。本物の投資家が作った裁量系マニュアルです。
内容も素晴らしく、サポートも万全です。正しい知識を学びたい方に自信を持って推薦できます!
 

 
・・・PRおわり^^・・・
・・・このブログでは具体的投資法あるいは有料商材・書籍推薦記事などをアップしています。私の記事で「これは効果的です」「この方法で確実に儲けられました」「連勝できました!」などといった表現をとることがあります。これはある程度の自信を持って何らかの参考になればと思いできるだけ正確に書いていますが、その「ある程度」というのはあくまでも私個人の判断基準で、結果についても私個人の裁量などが入り込む可能性があります。ですからご自分の現金を使ってトレードする時は十分な検証やデモなどで本当に効果的なのかといったことを確認してからにしてください。情報・・・特に投資情報というのはまさしく玉石混淆です。玉を見つけるのか石を見つけるのかは個々人の能力や経験によって異なりますし、玉を石にしてしまうこと、逆に石を玉にすることもできるはずです。お互いに頑張りましょう!頑張れば結果は必ず付いてきます。・・・
    
2008/10/18 18:30|未分類CM:4
このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2008/10/19(日) 14:29 [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます 
#|2008/10/19(日) 15:53 [ 編集 ]

こんにちは!
興味を持って頂きありがとうございます。
さっそく招待状を送らせてもらいましたのでご確認をお願いします。 
システムマン #-|2008/10/19(日) 21:09 [ 編集 ]

waashさんという方だったのですね。びっくりしました。

いずれにしろ「餞」ということですので、私のブログは必要ないようです。なので残念ですがそのような措置を執らせて頂きますね。
いろいろとありがとう 
システムマン #-|2008/10/24(金) 23:42 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。