とにかく、FXに対して研究熱心でありたいと思ってます。 Winning the forex market depends 70% on the trader, the other 30% is the system !

お買いものと小遣い稼ぎ 

なんでもそろっています!

ゲームで遊んだり、ここを経由してのFX口座開設、オンラインショッピングと使わない手はないですね!私もすっかりハマってしまいました!


 

プロフィール 

システムマン

Author:システムマン
システムトレードも実践中ですけど、このブログでは裁量トレードに挑戦します。
田舎暮らしという夢を追い求めてFXをやっています。
夢が叶った時、あるいは夢が叶わないということが分かった時、それがこのブログ、そしてFXのゴール地点となります。

※コメントは大歓迎です。しかし明らかに嫌がらせ、悪口、邪推のようなものであれば削除の上アクセス禁止の措置をとらせていただきます。もちろんきちんとした批判などについては承認制ですが必ず公開いたします。よろしくお願いします。


秘策や必勝法などはまったく書いていません。書いてあるのは少しでも確率が高くなる方法と考えかただけです。でもそれこそが長くFXを続けていく秘策・必勝法だと気づかされた書籍です。

高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)

とても良い内容です。ボリンジャーバンドを極めたい方に、ぜひ。
私の記事は、こちらです。


DVD 15時からのFX ボリンジャーバンドとフォーメーション分析 (<DVD>)


なかなか優れた手法が丁寧に分かりやすく書かれているトモラニさんの書籍です。オススメです!

私の記事はこちらです。

簡単サインで「安全地帯」を狙うFXデイトレード FXコーチが教えるフォロートレード (Modern Alchemists Series No. 119)


伸び悩んでいるトレーダーに対する具体的ノウハウそしてメンタル強化本です。やるべきこと、やってはいけないことが分かります。読めば読むほどトレードに対して勇気とやる気がわいてきます。

デイトレード




このブログは富田流というマニュアルの実践売買記録、そして商材アフィリエイトのため始めましたが、紆余曲折があり、まさしく「なんでもかんでも」といった内容に変化しました。。。

 

最近の成績(pips) 

3月以前は、EAが中心でしたので4月からの成績となります。(1月~3月+872,483円)

2014年
4月 223pips(EA混在)
     -49,698円
5月 626pips
   +70,378円
6月 305pips
   +197,504円
7月 566pips
   +463,656円
8月 230pips
   +237,895円
9月 768pips
   +873,568円
10月 3051pips
   +2,761,022円
11月 6104pips
   +5,853,373円
  海外、国内ブローカー2つの合計です。ナンピン、買い増し複数ポジですのでpips数はあてになりません。
資金 海外300万→約676万 国内800万→約1190万(国内は10月中旬から12/3現在まで)  
 

海外口座開設は簡単です!

日本では不可能な高レバレッジトレード!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 このブログでは、今まで5回にわたりオリバーべレスらによる書籍デイトレードについて書いてきました。

デイトレードデイトレード
オリバー ベレス グレッグ カプラ Oliver Velez

日経BP社 2002-10-19
売り上げランキング : 6840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


 折に触れて書いてきたことですが、この書籍はけっして初心者向きではありません。
 それはなぜかというと、少なくとも自分で手法を構築し試行錯誤中の方、あるいはいろいろな手法を試してきたが上手くいかない方、そして特に勝ったり負けたり、あるいは口座をブッ飛ばしたといった貴重な経験?をした方にとって、多くの気づきがあるからです。
 そういったどちらかというと失敗あるいは挫折体験がない、いわゆる初心者の方などはピンと来ないことがあるかと思います。
 ただ、そういった実体験がないとしても、なるべく早いうちにこの書籍を読んでいただきたいと個人的に思っています。
 現在はピンと来ないようなことでも、後々、そういったことだったんだ・・・と感じることは多いです。
 また経験がないにしても早いうちに通読しておけば、相場の中でいろいろな間違ったこと、間違った考えをあらかじめ疑似体験して予防できるといった効果もあると思います。

 なぜ私がこのようなことを書くかというのは、この書籍では、主に損切りの重要性について説いているため、そもそもある程度のトレードルール、手法がある相場経験者を対象とした内容だからです。

 少し前に私が参考にさせてもらっている他のブログで、損切りができるようになるためには、長期間チャートを前にして何もしない訓練をすることだということが書いていました。
 まるでお坊さんが煩悩を断ち切る修行のようですね。
 これはすごくきつそうですね!
 こういったことも必要かと思いますが、あまり効率的ではないと思います。
 私が考えることは、検証などを重ねて損切りする基準を明らかにする・・・つまりルールを確立することが第一だということです。
 つまり、こういった基準で損切りすればトータルで勝てる・・・守らなければ負けるってことを自ら明らかにし理解した上、納得する作業が必要だと思います。
 そこまでやらないと人間が持っている本来強欲な脳細胞(潜在意識)は理解してくれません。
 そのような裏付けがなく、あたかも修行僧のようにメンタルを鍛えてもしょうがないでしょう。
 ぜひとも勝つための損切り、勝つために必要な損切りってことが分かるまで検証あるいは実践の中でもいいですが身に付けたいものです。
 ただ、そうであっても、ふとした油断でそれが守れないってこともある・・・というか恥ずかしながら自分でも経験したこともありますので、そういった時には、先ほど書いたような根本的なメンタルトレーニング、修行のようなことも必要なのかもしれません。。。

 そのトレードルールをどうやって身に付けるのか?ということについて、チャート図を示しての具体的手法などは、この書籍に具体的記述はありません。(実際には原書の後半部分にはいくつかのトレードメソッドがあるらしいのですが、主に米国株式などの手法で参考にはならないとのことです)
 ただ大きなヒントとして、「敗者の日記をつける」 ということで、負けトレードを徹底的に分析、負けを大きな宝物として勝つトレーダーとしての手法を確立していくことが述べられています。
 実際には負けトレードばかりの分析でなくても良いのですが、損切り基準を考えるためには、やはり負けトレードの分析がぜひとも必要であると思います。

 さて、今回は、この書籍とは直接関係ないのですが、書籍を読みながら考えた、というかエッジを再確認させてくれた手法を紹介したいと思います。
 いつものとおり何も目新しいことはない、ごくごく一般的な手法になります。
 タイトルの「トレンドフォローって一番難しい? できるだけ有利なところで入るための個人的見解」というのは、いつものように仰々しいですけどね。

 トレードルールを作るためには、以前このブログでも様々のシステムを紹介してきたようにいくらでも、まさしく星の数ほどありますね。
 移動平均線を使うもの、一目均衡表、ティックチャート、RSI、MACD、ストキャスあるいはエクセルに四本値を入力するもの、ピボットやフィボナッチを使うもの、ナンピン手法、トラリピ、もっと書くと占星術や高島暦を使うもの、業者間アービトラージなど・・・キリがないですね。
 本当に様々なアプローチ、手法があります。
 私が個人的に考える一番理解しやすく合理的で、なおかつ効率的なのは、今まで何回も書いているようにチャートパターン、ライン分析によるいわゆる古典的な手法だと思います。
 この古典的手法というものは、オシレーターのように難しい計算式もないしロジック不明のブラックボックスでもなく、理解するのはとても簡単です。
 参考書などを読みながら、なるほどなるほどと読み進めていけばすぐに理解できるはずです。
 そして一度習得してしまえば、テクニカル分析により投資、投機を続けていく上で絶対に損がなく一生使い続けることができるとても貴重な財産となり、さらに他の手法を使うにしても絶対に必要となる知識です。
 私もそうだったのですが一般的にトレードをやってみようとチャートを目の前にした時に、最初にMACDやストキャス、移動平均線やボリンジャーバンドといったところから始める方が多いと思います。
 私は、上記のようなオシレーター類は、あくまでもチャートパターンや罫線分析などの補助として使うものであると考えています。
 あるいはオシレーター類を主軸として使う手法であったとしても、その前提条件として古典的分析手法の知識を熟知しているといったことがとても大きな財産となってくれます。
 
 この古典的手法は、まっとうな参考書であれば、必ず書かれているもので私が推薦させてもらっている先物市場のテクニカル分析か、あるいは、シュワッガーのテクニカル分析といった定評があり網羅的な記載がある書籍をぜひ読んでいただきたいですね。
 図書館で借りるのもいいですが、数千円を惜しまず購入してアンダーラインを引きながら読んでください!
 
 このブログもそうかもしれませんが、一丁前にテクニカルを語っているブログを書いているような方は最低限、このレベルの書籍は必ず読んでいますね。

 さて、話をブログタイトルに戻します。
 The Trend Is Your Friend, Until It Ends(トレンドはそれが継続する限りあなたの友達)、トレンドフォローが基本、トレンドに乗ること、そしてこのブログのタイトルのAll you need is TREND !のように、トレンドフォローが王道的手法であることは間違いありません。
 ただ、どうやってトレンドフォローするの?トレンドフォローを実践しているけど全然勝てないってことも多いと想像しますし、実際にトレンドフォローってかなり忍耐力が必要ですし難易度も高いと思っています。(もちろんトレンドフォローの定義によって変わってきます。ここでは私が個人的に考えていることを書いてみます)

 あくまでも一例として参考にしてください。
 
 ポンド円の4時間足チャートです。

gj0717.png

 これは直近きれいなチャネルラインが引けましたのでアップしてみました。
 上昇チャネルですから、基本的にロング戦略を取るのがトレンドフォローですね。
 ただ、黄色矢印のようにスイングの高値ブレークで入るのは、実際にやってみるとかなりしんどいことです。
 このチャートの場合は、きれいな上昇相場なので利益を出すことができますが、いくら上昇相場と言えども戻りを入れながらですのでジグザグの下落スイングを耐えられるか?というところが難しいとこです。
 特に黄色矢印でエントリーしたら代表的なストップは前回安値となり、かなり大きな損切りとなってしまいますね。
 また高値ブレ―クでなくても、誰もが分かるような上昇スイングの途中で入るとなかなか利を伸ばすのが難しく、戻しやレンジにやられてしまうことが多いです。

 なので『押し目狙い』ということで移動平均線を基準としたグランビルの法則あるいはボリンジャーバンドが使われることが多いですし、私自身もいまだにそういった手法を取ることがあります。
 ただどこが押し目となるのか?本当に押し目なのかそれともトレンド転換になるのかといった見極めはとても難しいというのが実感です。
 
 特に移動平均線には様々な設定やパラがあって、どれが機能するのかといったことを見極めるのがなかなか難しいです。
 20EMAやら25SMA、72EMAや200SMAなどいろいろありますね。
 その点、トレンドラインやチャネルラインあるいは水平線(サポートレジスタンス)は、誰でも視覚的にわかるようなはっきりしたラインであれば、世界中のトレーダーと同じ認識に立つことができます。
 このこと自体がすごくエッジ(優位性)があることだと思います。
 こういった分析すること自体が、オリバーべレスが言うところの、
私は、多くの人々が知識すら身につけていないことを神に感謝する。
(ライン分析さえしないことに感謝する)
加えて、知識を身につけた者の多くが適切な思考を身につけないことも神に感謝する。
(ライン分析はするもののその適切な使い方を知らないことに感謝する)
そうでなけれは、知識と思考の両方を備えた者が収益を上げるチャンスが劇的に減少してしまうからである。
(ライン分析をして、なおかつ適切な使い方を知っている者が収益を上げるチャンスが劇的に減少してしまう)

 カッコ内は私の文章です(爆) ここではあくまでもライン分析のみについて書いてみました。
 
 最近は、このチャートのように、できるだけ上昇トレンドライン、下降トレンドラインのみではなくチャネルラインを、なかば強引に引くことが多いです。
 強引と書きましたが、最初の頃はチャネルが成立しないものの時間が経つにつれ、微調整が必要ですが、チャネルが成立してきて、しかも機能するようになることに驚いています。

※ 追記
 MT4でのチャネルラインの引き方です。通常の equidistant channel ツールでも構いませんが、まずは普通に1本のTrendLineを引いてから、そのライン上をダブルクリックします。その後、PCキーボードのCtrlを押しながらラインをドラッグします。そうしますと比較的簡単にチャネルラインを何本でも引くことができます。
 
 このチャートでは、最初の青矢印ではまだチャネルが確定しているかどうか分からないのでポジションを取ることが難しいのですが、その後はこのチャネルが売買の大きな判断材料となってくれます。
 そして私が一番大事だと思うことは、なるべくチャネル下限に近い場所でロングする、そして余裕があるならチャネル上限に近い場所でショートするということです。
 こうなると逆バリ的な手法じゃないのか?という疑問が当然ありますが、私はトレンドフォローだという意識でやっています。
 
 もちろん、このチャートのように上手くいくことは多くありませんが、まず第一に損切りがとても小さく設定できるということと、取れた時の利益が大きくなるということです。
 これは勝率がいくら低いとしてもペイオフレシオの関係から相当エッジがありますね。
 またそもそも勝率はそれほど悪くはありませんし・・・。、

 1時間足チャートです。 

gj07171.png

 4時間足から1時間足あるいは30分足にスイッチすると4時間足では見えなかったチャートパターンや新たなチャネルなどが見えてくることが多いです。
 もちろん逆に、4時間足だからこそ見える、日足だからこそ見えるチャートパターンというのもあります。
 よくMTF判断で、4時間足がこうなった時、1時間足で・・・といった手法がありますが、私が考えるMTF判断というのは単に上記のようなことです。(というか、あまりに頭がこんがらがってしまい、そうなってしまいました・・・。)

 最初の矢印はヘッドアンドショルダーズですね。
 実際私は、もっと下がるだろうと思い込んでしまって損切りとなってしまいましたが・・・。
 2番目の矢印はダイバージェンスと直近高値抜け、また上昇チャネル内の小さな下降チャネルブレイクですね。
 3番目の矢印はヘッドアンドショルダーズ、そして4番目は、大きなチャネルブレークです。
 5番目は、4番目のブレークが元のチャネルに戻ったのでかなり悩みましたが、最終的にはチャネル下限付近でちゃぶついて下方にブレークしたのでシショートして現在約70pipsの利益となっています。

  こうやってみると、4番目5番目のチャネルブレークは別として、4時間足の大きな上昇トレンド中のチャネル内での売買はショートが2回、ロングが1回と逆バリ的ではありますね。
 ただ私は完全なトレンドフォロー戦略だと思ってトレードしています。
 実は、このへんの定義ってのは人によって違ってしまうのですけどね。

 気を付けていることは、繰り返しになりますが、チャネルの下の方ではロングする、上の方ではショートする、逆に言うと、トレンドフォローだぜ!っていうことでチャネルの上の方ではロングしない、チャネルの下の方ではショートしないということですね。
 なので私が考えるトレンドフォローというのは、ごく短期的そしてエントリーするタイミングというのは多分に逆バリ的で、その後の大きなトレンドに、あわよくば乗っかっていくといった感じで、トレンドが既に出ている時に追いかけるといったイメージではないですね。

そしてそのことに加えてなんらかのチャートパターン(ウエッジやヘッドアンドショルダーズなど)やらダウ理論によるジグザグ判断、またはピンバー、コマ足、包み足などのロウソク足判断を加味することです。
 きれいなチャネルが引けた時は本当にチャンスで、なかなか負けづらいはずです。
 それでも昨今のようにボラがなかったりすると負けますけどね・・・。

 「安いところで買って、高いところで売る」というのが相場の鉄則で、私もそのとおりだと痛感しているところですが、ラインを引くことができ、さらに少しだけテクニカルの知識があれば、十分に可能なことだと私は確信しています。

 最後まで読んでいただいた方は、あと少しだけ頑張っていただいて、にほんブログ村 FX デイトレ派をうなされたようにクリックお願いします!
 現在、15位くらいです。私のランキングは下降チャネルの真っ只中です!?
 
 それでは、またっ!

にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ
にほんブログ村
少しでも参考になりましたら、ぜひ応援クリックをお願いします!
ランキングは・・・ベアリッシュダイバージェンスが出現しそうです。。。?

Wish you get tons of pips!!! Happy Green pips Trading ! :-)
BEST REGARDS
.


★ 推薦書籍です ★

必読書ですね。出版年度は古いのですが記述は平易です。
トレードをする上の必須知識がつまっています。第1章から第5章まで熟読すれば充分でしょう。

先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)
先物市場のテクニカル分析 (ニューファイナンシャルシリーズ)ジョン J.マーフィー 日本興業銀行国際資金部

きんざい 1990-05
売り上げランキング : 16870


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


図解が豊富で初心者向きですが、必要な知識は網羅しています。
この本でもまったく問題がなく充分です。

一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!
一番売れてる投資の雑誌ZAiが作った 低リスクでカンタンなFXトレード演習帳―マンガと図解でよくわかる!松下 誠

ダイヤモンド社 2010-03-19
売り上げランキング : 19086


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手法の記載も多くありますが、主にマインド面について詳しいです。
トレードスタイルに影響を与えるほどの名著だと思います。
 
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)
高勝率トレード学のススメ (ウィザードブックシリーズ)マーセル・リンク 長尾慎太郎

パンローリング 2006-09-14
売り上げランキング : 16972


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


その他、わかりやすさ、実践のしやすさ、そしてパクリ!?で有名な二階堂重人氏の書籍などです。私はこの方の新刊が出るとかならずチェックするほどお気に入りなんです。

FX トレードレッスン 厳選35問FX トレードレッスン 厳選35問
二階堂重人

FX メタトレーダーで毎日を給料日にする! 株とFX たったの3時間でプロ並にチャートが読めるようになる (アスカビジネス) 勝率8割の超プロが教える 最新スパンモデル投資法: FX・金・日経225 (一般書) 岡安盛男の稼ぐFX   実戦の極意 (通貨ペア同士の関係性がわかれば相場が見えてくる!) 世界一わかりやすい! FXチャート実践帳 スキャルピング編

by G-Tools
   
2014/07/18 00:57|未分類CM:2
こんばんは。
長期順張り短期逆張り、の基本的な考え方ですね。
以前SNSで知り合った人と、「MTF分析をすると、押し目・戻り狙いがしにくい」という話をしたことがあります。
タイミングを見ている時間足で押し目や戻りのポイントまでプライスが来た際、上位の時間足は
長いヒゲが出てたり、包み足が形成されていたりするからです。
ここらへんはトレードするスパンにもよりますね。
ローソク足数本分のトレードをするのか、数百本分のトレードをするのかで、見るものがずいぶんと違います。

そういう点では、ブレイク狙いは迷うことがほとんど無いかもしれませんね。
特に上位時間足分析と相性が良いように思います。
逆に、押し目・戻り狙いは、下位時間足分析と相性がいいかもしれません。
狙っているラインからの反発を狙うような、短期逆張り的なシーンでは、特に。

私がそうだというだけで、それは違うよ、という方もいるかと思いますが、MTF分析にも手法により向き不向きがあるように思います。
というのも、私はもともと反発狙いがメインで、トレンドフォローなら基本となるロールリバーサルなどを多用しており、
そういったポイントで待ち構えたのはいいものの、上位時間足でいい感じのピンバーや包み足がでちゃったりして、
結局エントリーを見送ったり、チキン利食いになったり、頭を抱える毎日を送っていた経験があるからです。
今振り返ってみれば、見ている時間足が近すぎ・遠すぎ、とか、まだ足確定してなかっただろ、とか、ツッコミ所満載ですが。

いい経験だったと思います。 
memo #02XSm1MA|2014/07/18(金) 20:11 [ 編集 ]

こんにちは。コメントありがとうございます。

MTF分析ってすごく奥が深いですね。
考えれば考えるほど、いろいろな可能性が出てきて私などはなかなか一定のルールが作れません。
かつて、そういったものを見事にルール化したマニュアルを購入したのですが、マスターしきれませんでした。
なので、このブログでも書いているように、あくまでも大きなトレンドはどうなのか?上位軸で節目に位置しているのかどうか?ということくらいを考え、後は、トレード判断を実際にする時間軸を目の前にしてじっくりと考えています。

なので私なりに、ごくごくシンプルなルールだけを実践しているところです。
具体的には、長期のライン分析から短期に移っていくということだけなので、ルールとまでは言えないくらいのことなのですけど・・・。

またなにかありましたらコメントお願いします!
 
システムマン #-|2014/07/22(火) 12:02 [ 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

検索フォーム 

 

counter & Ranking & Twitter 



黒猫クー太 クリックお願いね=^_^=
 
にほんブログ村 為替ブログ FX デイトレ派へ

にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ

FC2 Blog Ranking

遅ればせながらTwitter始めましたよ!

 

特選!キャッシュバックサイト 

海外ブローカーの魅力はハイレバレッジです。かつてFXはハイレバレッジが魅力でしたが、日本のブローカーはその魅力がなくなってしました。入出金の容易さなどを比較して選びましょう。
参考記事はこちらから

 

特選!【秋田式 Winner's FX】 

ポンド円5分足を使った勝率70%を誇るライントレードの決定版です。逆バリ手法がひとつ、順バリ手法が5つ、すべてがpips数まで定量化されています。トレード技術向上は間違いありません!

 

特選!【Brain of Buddha】 

個人的に大推薦の音響プログラムです。

 
 

メンタル・アファメーション・自己啓発・サブリミナル・瞑想・自己暗示、これらのキーワードにピンとくる方はこちらをクリックしてください。 そしてサンプルを聴いて感じるものがあったらぜひお試しを!  FXにも、もちろん通じます。

最近の記事+コメント 

 

ランキング 

 

リンク 

相互リンクしていただける方、大募集中です! ※宣伝目的と認められるものは申し訳ありませんがお受けできません。

 

このブログをリンクに追加する

Copyright(C) 2007All Rights Reserved.

Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。